アレンジで台所で過ごす時間が楽しくなる方法

料理を作るのが好き。
美味しいか美味しくないかは別にして作っていることがとても好きだ。
丁寧に時間をかければかけるほど心が洗われていく。
まるで瞑想しているかのような状態になる。
だけど、なんだか物足りない気持ちがあった。
料理をしながら台所を見渡した。
うちの台所は殺風景だ。
食事の色合いを大切にしたくて、台所に色を置いてなかった。
おしゃれな台所にしたいと思った。
でも、どうやってするのかわからない。
スマホを取り出して、「台所 100均 おしゃれ」と入力する。
最初からお金をかけようとしないところが私らしい。
沢山の記事が検索された。
世の女性は色々と工夫していることを知った。
我が家の調味料入れはいつ買ったものかわからない。
買い替える予定がなかったので見たこともなかったが、今はとても可愛くておしゃれな容器が沢山あることに驚いた。
調味料を保管する棚もみんな手作りをしている。
これがDIYなのか。
不器用な私にはDIYは関係ないと思っていたが、意外とボンドでなんとかなるようだ。
早速作ってみよう!
そして、他にも気になったのがリメイクシート。
壁などに何かを貼り付けるのはあまり好きではないが、台所はタイルだし、これなら台所の雰囲気を変えることができそうだ。
100円ショップに行くと、ネットには出てこなかった沢山のリメイクシートが出てくる。
調味料を保管する棚も何をどうやって組み合わせるかと考えるのが楽しい。
どうして今までしてこなかったのだろう。
必要なものを購入し、とりあえずイメージだけで台所をアレンジしてみた。
台所の雰囲気はいっぺんに変わった。
その中で料理をしてみる。
なんだか物足りなかった気持ちに音楽がついた。
料理が楽しい!
そしてもっともっとアレンジがしたくなった。
台所は料理をするところであるが、環境も大切なのだと最近とても実感している。

試供品をくれるのは有難いのですが、深読みしてしまいます

よく買い物に行く自宅近くのドラッグストアでは会計を済ませた時にたまに商品と一緒に試供品をくれます。化粧品の下地、ハンドクリームやヘアパックのパウチなど毎回ではありませんが何度かに1度ぐらいのペースで試供品をつけてくれます。普段買うことのないようなCM広告をしているようなメジャーではないメーカーのものなのでこんないい商品があったんだと気付く事ができます。それでもふとその試供品に目をやった時に「ダメージのあるパサつきのある髪に」とか「年齢肌のあなたに」とかいうような副題があって正直私の見た目を判断して、選ばれながら試供品を配られているのだなぁと深読みしてしまいました。
私も人を見た目で判断してしまいますが、たまに若く着飾ったりメイクも年相応ではない人もいてこの人何歳だろう?と思う時があります。けれど、きっと仕草とか話し方とかで年齢ってだいたいは分かるような気がします。私もそうやって年齢を判断されているのだろうなぁと感じています。

おばあちゃんの家に泊まりに行ってきました。

今日は、田舎のおばあちゃんの家に泊まりに行きました。高速を使って4時間ほどで着く距離にあるおばあちゃんの家は、周りが田んぼや畑ばかりで、とてものどかなところにあります。
手や、膝が痛くなってしまい、畑仕事ができないと話を聞いていたので、今回はお手伝いに行こうと、エプロンや、長靴など、畑仕事グッズを持参して行きました。
天気のいい日だったので、お出かけする人も多かったようで、高速道路は少し混んでいて、
予定していた時間よりも1時間ほど遅れての到着となりました。が、おばあちゃんは、外で待っていてくれていました。
外の庭に椅子を出して、そこに座ってニコニコしていました。
久しぶりのおばあちゃんにとても嬉しくなり、飛びついて行きました。
今日は、おばあちゃんとのお話で持ちきりの1日となったので、畑作業は、明日することにしました。
お買い物も一緒にいって、夕飯も作って一緒に食べました。
面白かったのは、お風呂までも一緒にはいったことでした!http://www.pernellrobertsaroundtheworld.com/musee-douhansha/