消雪の水を出そうとしたり猫たちを見に行ったりした

ふと窓の外を見ると深々と雪が降っていることに気付き、猫が玄関から出ないように気を付けて外に出て、作業小屋で消雪の水を出す操作をしに行こうと思ったのですが、どうも降っている雪は粒が小さいようで地面に触れるとすぐ溶けており、まったく道路には積もっておりません。
これはわざわざ水出すほどではないと思い、家の中に引き返しました。
いつもは誰かが外に出ようとすると猫たちが音を聞きつけて外に一緒に出ようとするのですが、今日はいつもより寒いせいかまったく反応がありません。
今何をしているのかと居間に見に行くとこたつの中で2匹くっついて寝ていました。
部屋に来られると面倒くさいのでそのまま他の家族が帰って来るまでそうして欲しいものです。
スマホを見るとバックアップとったのがもう2週間前だと出ていました。
以前妹のWiFiを借りてバックアップとったのですが、もうそんなに経っていたことが意外です。
今年はまだ22日しか経っていませんが、ぼーっと過ごしていたらあっという間にまた年末年始が来てしまうのでやりたいことどんどんやって行こうと思います。

今はもうテレビゲームは面倒になってしまいました

ミニファミコンに続き、今度はスーパーファミコンも小さいものが出るそうですね。懐かしいなぁ…うちにもありました。テトリスやドクターマリオなど、パズル系が得意でしたね。スーパーマリオは苦手でした。一番最初に出てくるクリボーを飛び越えようとしてジャンプしても、着地地点で触れてしまってゲームオーバーになってしまうほど、下手だったんですよね(笑)。なのでそういう系統は全く手を出しませんでした。なんだか自分に運動神経がないのが、ゲームでの主人公の動きに反映されてしまう気がして、悲しかったのを覚えています。RPGややりましたよ。ドラクエもファイナルファンタジーも。攻略本をときどき見ながらでしたけど…。でも、今欲しいかと言われると、そうでもないですね、私の場合。テレビをつけて、ゲーム機をつないで、電源入れて…っていう動作が面倒になってしまいました。スマホゲームの楽ちんさに慣れてしまった今は、プレイステーションシリーズももうガラクタ同然になってしまっています。

JR北海道が置かれた立場とか考えないんでしょうね…

最近は一体どうしたんだと思ってしまうくらい鉄道の不祥事のニュースが多いですね。日本は鉄道の運行本数が多いから危険に遭遇する回数は確かに多いでしょうけど不祥事はそんな甘いものではありません。

JR北海道は一時期頻発したトラブルなどで既に安全運行から1番遠いJRと思われているかもしれません。そんなJR北海道ですが、ベテラン運転士があってはならない事を行いました。

鉄道には非常時に列車を停止させたりする安全装置があります。これがあれば例えば運転士が急に意識を失っても安全に停車する事が出来ます。いわば最後の砦でもあります。しかしその安全装置を切ったまま駅に進入するという事があったそうです。

今回その事が発覚したのは駅を本来の時刻よりも早く出発した事が確認された為で、それに伴い偶然調べた事で気付いたようです。

この運転士は列車が到着後に安全装置を切るところを安全装置の切り忘れを嫌い、駅に進入する前に切ったという事ですから危機意識の欠如があったという事です。

乗り物は低い速度でぶつかっても実はかなり大きな衝撃があります。もしこの運転士に何かあったら大事故に繋がったかもしれません。プロがそんな大事な事を忘れてはいけません。

本当にお粗末すぎる不祥事でした。http://www.poieodesign.co/5man-sokujitsu.html